FC2ブログ

襟裳んもん…

ハロプロと二次の間をさまよう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑中握手会雑感

書きそびれたことを


○今回も梅ヲタが激しい。梅さんは良いファン持ってるな
○女性には岡井ちゃん人気が高い、しかも熱い。握手の時岡井ちゃんで粘る人が多いのでマイマイが暇そうにしてた場面も。
○愛理は何をしても「かわいいー」「愛理ー!」とか歓声があがる。圧倒的人気
○愛理のかわいさはどんどんマスコットのそれに近づいてると思う。(キティちゃんみたいな)妙な動作や「んっふぅ~」など変声に磨きがかかっきた。ちょっとやそっとでは真似のできない領域に入った。
○愛理がマスコットだとしたらマイマイは妹。一推しが多いというよりマイマイが発言する時とか「マイマイがんばれ~!!」みたいな空気が流れる。微笑ましく見守るかんじ。
○なっきぃの時折見せる素っぽさがツボ。ボードにぶつかって「あ痛っ」とか低い声出したり。←他メンだと客席に向けて照れ笑いとかのリアクションが入る場面だけどそういうの一切ナシでさっさと次のお題に入ろうとする進行命のなっきぃ。突っ込みづらい空気なので会場のリアクションも小さいんだけど、ヲタ的にはらしさにニヤニヤ。
○舞美は汗をかかないようにしたいそうだけど…あの滝のような汗がないと物足りないよ…。今回はイベだったので控えめだったな。雨女は卒業したっぽい。暑かった…。
○今回も岡井ちゃん日焼けネタが。個人的に今回の衣装は小麦色の肌の岡井ちゃんによく似合ってると思う。赤は色黒の子の方が似合うと思う、夏っぽいし。そういう意味では栞菜にも絶対似合ったはず…見たかったなぁ。
○赤といえば今回のイベT。衣装が赤だからなんだろうけど、栞菜の色が赤だったから…と変な勘ぐりをしてしまうよなぁ。栞菜T着てきた人もいただろうに。
スポンサーサイト

暑中お見舞い申し上げます~握手会感想

今日はめっちゃ暑かったな…まさしく「暑中お見舞い申し上げます」


前座は愛理と岡井ちゃんで中3ズ?
内容良く覚えて無いがW二人とも可愛かったっす。岡井ちゃんは痩せた?

衣装は暑中の赤いの、ふりふりでアイドルっぽくて可愛いけどパンツが気になる仕様(見せパンですが)岡井ちゃんと梅さんがいつもと違う髪型だった。梅さんはめずらしくデコ出し、あれだけ美形だと凸が出てるとか隠れてるとか問題じゃないな、と思った。岡井ちゃんは髪を切った?飽きっぽいのかしょっちゅう髪型変わる気が。個人的には短い方が好きです。

セットリストはこれ↓

暑中お見舞い申し上げます
Big Dreams
憧れ My STAR
As ONE
JUMP

暑中では待望の「可愛い℃-ute」を堪能~。できれば次はオリジナル曲で出してほしい。しかし舞美は常に目を細めて笑ってるなW春コンからのなっきぃの瞳のうるうるっぷりが半端ない。やっぱり可愛い一番可愛い。唇をきゅっと噛む仕草をよくやるんだけど、これにうるうるの上目遣いされたらたまらんよ。そりゃヲタ増えちゃうよね。写真もSOLD OUTになるわ。つうか、最近なっきぃのグッズ売り切れすぎ(T_T)

間にトークを挟むのだけど、そこで栞菜の件について舞美から報告あり

℃-uteが全員で深々と頭を下げた時にふいに涙が出そうになった。栞菜の件はショックだったけど悲しいとかより、事務所の対応への怒りというか呆れのような脱力感が大きくて、正直握手会も行く気を無くしてたんですが(連れがいたので来たようなもの)「今度は7人で」と言った舞美の口から脱退の事を聞かされメンバーに頭を下げられて、もう本当に栞菜には会えないんだな、「7人の℃-ute」は終わったんだなぁと実感した。

そんなわけで今日は終始テンション低め。いつも通りに可愛くて楽しいステージを見せてくれる℃-uteやそんなメンバーを声援やフリコピで盛り上げるヲタ達はえらいよ…ちょっと自分には無理でした。この気持ち…なんていうんだ…今年ヲタの間で流行してるあの言葉


心が折れる、ってやつですか



↑いや、まぁ折れるほどはいってませんが

℃-uteに目の前で歌って踊られたらやっぱりワクワクドキドキするんだよ。それは他では得られない感動で、本当に℃-uteの持つパワーってすごいなって思った。テンション低かったけど、胸は熱くなってた。なのでヲタ卒とかは今のところないです。夏コンのチケット買っちゃったしな ←そこ


○握手会レポ
今回はステージ上握手だったので退屈せずにすんだ。栞菜がいなくなってラストになったマイマイですが今日は反応が良かったような…?私に、ではなく客席から見ててそう思っただけだけどWマイマイ自ら身を乗り出して指刺しで何か言ったりが何回かあった。羨ましい…何話してたんだろう?自分のターンではなっきぃだけ声掛けたんだけど想像してたのと違う反応が返ってきて今新鮮な気持ち。他メンは軽く、かる~くですが、ヤバい、岡井ちゃんの顔を見てニヤニヤしてしまった。他のメンバーと握手する時って緊張してるんだけど(特にトップバッターの梅さん)何か岡井ちゃんのところで気が抜けるっぽい。順番的なものもあるんだろうけど(推しメンの一つ後という位置)岡井ちゃんの人柄によるところが大きいと思う。なんか見てるとホッとするっていうか…癒されるんだよなああ…癒し℃では推しメンより上かも?女性人気が高いのもわかるよ。あの愛らしさはお持ち帰り系のそれだ。いやあ~岡井ちゃんはホントいい子だなぁ ←何をされたわけでもないがW

アニメのかじゅがイケメン過ぎて思わず原作買った

これ麻雀わかった方が絶対面白いだろうな…ちょっと勉強しようか(麻雀については語れません…)

最初は和のπにしか興味無かったけど今は目移りしまくりです。一番お気には風越キャプテンかなぁ…ステルスモモも捨てがたい。この二人は外見が好みです。(ちょい地味系…わかりやすい…な)この漫画の売りは「履いてない」と「百合」なのでキャラ単体だけだとその魅力は語りつくせぬ。カプ的にはももかじゅは外せないけど先輩がときどき恥ずかしすぎるのでイチオシは美穂子→部長とかタコス→和とか(いずれも片思いだけどな)京太郎には渡しませんよ?

京太郎といえば原作でも扱いがアレで涙が出そうになる…顔も悪くないし主人公の幼馴染で黒一点(?)でこれ一昔前ならハーレムポジなのに何故…EDへの参加権もないし。本当に謎なんですが何故大会に男がいない?麻雀で男女別にする意味ないし。男が極端に少ない世界?それとも麻雀は女のたしなむもの、とされているとか…?(マコの麻雀喫茶には普通におっちゃんいたけどな)あとこの世界の恋愛がどう見ても女×女を指している件。作者が百合好きなだけか…他の百合作品と違って男排除ではなく登場させた上で(しかも主人公の幼馴染というおいしいポジ)あえてスルー、みたいな手口が上級者っぽいです。(何の)

放課後ティータイム

遅ればせながらアルバムGET!!

しかし、Liveバージョンも収録されてて2000円ちょっととはお得だね(ハ○プロとは大違いだ…)

ボーカルは唯がやったり澪がやったりどちらもそれぞれ味があって良いけど、個人的には

ふわふわ時間→唯
ふでペン→澪
ホッチキス→唯&澪の方

が好みですね

「わたしの恋はホッチキス」→これ本編で聴いた時から気に入ってた。前奏の部分が印象に残る。

「ふでペン~ボールペン~」→サビのメロディがキャッチーで覚えやすいからか中毒性が高い。ガールズバンドっぽい爽やかさがあってええなあ

「カレーのちライス」→ライブ行きてぇえええ

「ふわふわ時間」→唯バージョン好きだ!澪のもいいけどね作者だしー

ところで歌詞の「お気に入りのうさちゃん」について…13話で律の部屋にうさぎのぬいぐるみを発見したんだけど…これって深読みしろってことですか??「律はああ見えて乙女」は13話を見るに公式のようなので、幼馴染の澪が気付いてないわけがない。あの乙女ちっくな歌詞…実は主人公の女の子は澪でなくて、澪がイメージしてる律、だったりしないだろうか?「冬の日」はそのまんま律をイメージして書いた詞だったけど、律が思わずラブレターと勘違いしただけあって文面が男の子(主人公)→女の子(律)っぽかった。

つ、つまり…その、なんだ…

澪の中のLittle Girlは律だったんだよ!!! ←すいませnこれが言いたかっただけっす


CDも良いけど、こうなったらライブDVD出して欲しい。唯得意のMCとか、要所要所でしめる律とか、あずにゃんのギターソロとかアンコール率先するムギとか掃けるときの澪のパンチラサービスまで←ここ大事 
ついでに憂の声で「お姉ちゃんかっこいいー!」(がんばって、でも可)とか入ってたら最高なんですが

いやまじで一万円までなら出すし
今の勢いだったらDVD売上ランキング1位とか夢じゃないWW

律ぅうううう


ritukyarason


何だこのクォリティ…orz


完全にやられた…アニメ終わったからちょっと油断してたらこれだよ!!
マジでスタッフは律好きすぎだろ!!
これは反則!
何で舌とかちょろっと出しちゃってんのりっちゃん!!
何で鏡見てんのにカメラ目線なのりっちゃん!!
イヤリングがシンバルだよーりっちゃん!!

あー…もうっ…可愛すぎるだろぉおおおお…惚れちまうよ!!




ムギもあずにゃんも可愛いかったんだけど^^;
律のレベルがあまりにも違い過ぎなので叫んでみた

ぁまのじゃく

PVとか見たんですが…

出だしのフリが小悪魔っぽくてかわいい!!!
エッグで人気のある子を集めただけあってビジュアル的にも死角がないよ…まいった^^;

しゅごキャラエッグではゆうかりん派だったわけですが、このPVではかにょんが!かにょんがぁあああっていうかいつの間にあんなお姉さんっぽくなった?「一度くらいいいけど♪」のとこの表情とか一時停止しまくりですよ。なんていうか、4人の中で1人だけ大人の階段のぼっちゃた雰囲気があるよね?(あくまでも雰囲気ですが)こりゃもう「かにょん」とは呼べねーな…小悪魔かわぃいの称号は花音にこそふさわしいと思うよ!

改めて思ったのはグループとしての立ち位置の重要さ。今すごく花音に心を持ってかれてるわけですが、花音自身の魅力はもちろんのこと立ち位置にも大いに関係ある。単体で見たときはゆうかりんか和田ちゃんかな?と思っていたけど4人でフォーメーション取って躍らせてみると…真ん中のゆうかりんより端っこの花音の方が断然気になる…まぁそんなのは今までの推し遍歴を見れば一目瞭然なわけで(辻、紺野、なっきぃ)もういい加減学習した(笑)


センターより端っこで踊ってる子の方が好きだ!!!


薔薇よりかすみ草が好きです

グループ内の立ち位置ってその子のイメージにかなり影響を及ぼしてると思う。実際は端っこで踊ってる子だってセンターで踊りたいだろうけど(アイドルになるような子なら尚更)…その子自身を見てるつもりでも知らぬ間に妄想してる。アイドルは偶像だからいいんだ!

こういう関係性からキャラのイメージを膨らませていくのって好きだな。(古いかもしれないけど、ゆうかりんVSかにょんネタとか)やっぱり単体アイドルよりグループアイドルだね。まのちゃんは可愛いけどスマイレージがいた方がより輝いて見える気が。


○花音以外の感想○
ゆうかりん→私的ディーバ、声可愛すぎだろ…震えがくるぐらい。
和田さん→もはやどこへ出しても恥ずかしくないビジュアルクィーンに成長した…舞美の「全方位美少女」ってこの子にもあてはまっちゃうんじゃね?
小川さん→この子の売りは歌…らしいがイマイチ伝わってこない。(ライブパフォーマンスに期待なの?)丸い顔が子供っぽくてかわいい。

今期は百合率高過ぎだろ。。。





いや、嬉しいけどぉ~ ←「青い花」も「かなめも」も原作持ってる人



今期視聴アニメ↓

○青い花
原作の淡い雰囲気がちゃんと出せてるのに感動した。アニメ化難しいんじゃないか?と思っていたので嬉しい。OPのあーちゃんのヌードにはびっくりだけどW(原作でも見たことないのに…!)ふみ役の子がグラビア出身と聞いて不安だったけどアニメ声じゃないところが文学少女のふみちゃんにうまいことハマってる。あーちゃんはあーちゃんって感じ。(ほめてます)兄貴が案外美声だった。康ちゃんもあのカマっぽいしゃべりがナチュラルに聞こえる声でおお!と思った。京子は堀江さんなので安心して聞けるし、声優陣も良い感じ…だけど、一人…やすこが…マリ見てに出てくるお姉さまみたいで噴いたWWお前はそうじゃないだろWと、もっと子供っぽい(高い)声だと思ってた。まぁあの落ち着きのある声がお姉さま達とのシーンでどうなるのかある意味たのしみだけど。三話の図書館のシーン、静の場面なんだけど動作がやたら滑らかで気合いの入った作画だったなぁ。線も多かったし。このクオリティを保ってくれたら最高だな。

○かなめも
動きと声が加わったことによりはるかさんのHENNTAI度がシャレにならんレベルにW深夜だからかユメユーキのカップルも人目をはばからないしW正直そこまで期待度高くなかったけどアニメーションも声優さんの演技も良い。個人的に神田~お茶の水?(神保町も出てるよね)あたりよく出没するので、背景にいちいちニヤリとしてしまう。気になるのは展開が駆け足すぎるところ。とりあえずくぎゅを出したかったんですかね?ツンデレ具合ではツン分の多い代理のほうが好みだな。

○うみねこのなく頃に
原作好きなので…ひぐらしのアニメが自分的にイマイチだったので不安要素あり。今のところやっぱり駆け足気味なのがなぁ…もうすこし尺を取ってやってほしい。あとはキャラデザ、うみねこの要・熟女達は良い感じなのに、おやじ達が…平凡というか薄いです、あれじゃモブみたいだよ。原作者の竜騎士さんは絵自体はアレだけどキャラの特徴を良く掴んでたんだなぁ、と感心した。ところで譲治はいつダイエットに成功したんだ?

○東京マグニチュード
題材にひかれて見たけど、普通に好きな感じのアニメでした。主人公の思春期+反抗期具合には萌えすら感じる。弟が素直で可愛い。こういう作品では主人公より弱い存在(庇護対象)ってのは欠かせないんだろうね。1話でやってた地盤の話→引越しの時に都内の地盤の強さを基準にしましたWWまぁ本当に深刻に考えたら都外に脱出すべきですが。震災時のサバイバル情報もたくさん盛り込んでほしいです。本に書いてあるのよりアニメのほうがいざという時思い出せそうだしW

○大正野球娘
野球漫画とか好きなので試合が楽しみですね。男子に勝つ、ってことなので頭脳プレーに期待できそうです。キャラクターでは白いヘアバンドの子が好みです。

○CANAAN
きのこ原案と聞いて。続きが気になる雰囲気です、とりあえずマリア可愛いすぎだろ…。ひと昔前は深夜アニメ=作画崩壊ってイメージだったのに、時代は変わったなぁ。

○ハルヒ
もういい加減にry



これに前クールから「咲」「ティアーズトゥティアラ」「ザムド」「イナズマイレブン」「プリキュア」が加わって…忙しいですね。これだけチェックすると1週間があっという間だよ(これでも結構切りました)…録画溜まってるものあるけど。去年はそうでもなかったのに、今年は春から夏にかけて大豊作です。あ、ちなみに「しゅごキャラ」も録画してるんだ。でもOPEDしか見てません…^^;


一番楽しみにしているのは「青い花」ですが、一番熱いのは「けいおん!」だったり…夏になっても我が家では絶賛放送中(再放送)ですが、何か?というWWとにかくもー、律とムギが好きすぎて苦しい。6話で律の笑顔に落ち、徐々に好感度上がっていって最終回のアンコールとおまけ回の涙でムギスキーになりました。特にアニメではムギの普通の女の子っぷりというか今を精一杯楽しもう!って面がよく描かれてたよね。あと律の繊細さ。どちらも原作ではそこまで描かれていない部分だと思うんですが…。この二人だけでなく全体を通して製作者のキャラクターに対するあたたかい目線っていうのは感じるんだけどね。その中でもムギと律は特別スタッフに愛されてるな~。と感じる。そりゃ落ちるって。原作はまだ続いてるので2期にも期待したいところだけど…ハルヒの夏休みが終わらないことには(^_^;)とりあえず8月の律ムギのCDが楽しみ♪

エヴァ破 感想

11日はエヴァの感想を書こうと思っていた…のを今さらながら思い出した

※ネタバレ注意




内容かなりいじってきましたねぇ

参号機のくだりは尺を考えると合理的な決断だね。いいと思います。←といいつつ初回は「ああああああああああ」ってタオル握りしめてたけどな!
噂に聞いていたキャラの改変(?)は…あれって成長の方向なんですかね?たしかにみんな丸くなっている。不器用ながらもものすごく母性的になったレイはテレビ版の二人目につながるんだけど、シンジとアスカには違和感を感じました。特にアスカ…名字まで変更したのは理由があるのか…旧作みたいに考察させるネタなのか…序はテレビ版の焼き直しというかパワーアップ版だったので素直に楽しめたけど、今回はQを観るまで色々と保留せざるおえない。

ただ今回も対使徒戦の迫力はすごいのでそれだけのためにあと何回か観るつもり。街が変形する第8使徒戦もいいけど第7使徒の奇妙な形と迫力には圧倒された。ストーリーの山場になる第10使徒は…無敵のハイパーシンジ様の印象が強すぎて薄味だった。(零号機をぱっくんするところは唖然としたけど)はぁ~…使徒はいいねぇ、エヴァの功績は使徒を生み出したことにあると言っても良い。

ケチつけるとしたらBGMでしょうか…
ガーッと盛り上がってきたところに…童謡とか…
一回目は歌詞に毒を含んだつもりで…滑ってるような気がしてならない。そのまんますぎ
しかも一回だけならともかく二時間の映画の後半で二回もやるのはしつこい。Qで「手のひらを太陽に」とか流れないことを祈る。


カヲル君のセリフを聞くとループ的展開なのはもはや確定なんだろうか?昔なら単語の端々も聞きもらさず考察するぜ!となっていたが…今回はあまり深く考えずマリ的に楽しむことにしたよ



とりあえず「ぽかぽか」やべぇ


どこの育成計画だWWと突っ込みたい気もあるけどW

なんだかなぁ

こうなる予感はしていたけれど。。。

改めて、私が好きなのは栞菜がいた℃-uteだったんだなぁ

ダメージでかいっす



おつかんな

Top

HOME

襟裳hazure

Author:襟裳hazure
俗にいう「ハロヲタ」
専攻→℃-ute 
推し→なっきぃ
「でも、やっぱ二次元最強」
とか背信っぽいことを呟いてみる

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。